BLOWIN' IN THE WIND


by iga_jun
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:ザ・ゲーム( 8 )

ドラクエ8戦記(7)

港町ポルトリンクの手前に西方への道があったので
ちょっと寄り道がてら行ってみると、途中道が土砂で埋まっていて
それ以上進めない。
う~ん、こっちがトロデーンじゃないのかなぁ。
自分が働いていた城に行ってみたかったが仕方がない。

ポルトリンクにはスキルの事に詳しいおねーさんがいて、
次のスキルアップまでどれだけスキルを磨けばいいか教えてくれる。
こりゃ便利。今まで適当にスキルを振り分けてたが、今後は参考にしよう。

町の人の話ではゼシカは一足先にこの町に着いているらしい。
それにしても姿が見えないな~なんて思いながら船乗り場に行ってみると、いた。

つい先日、ドルマゲスらしき奴が海の上を歩いて通ってるのを
見かけた船乗りがいて、それから海の魔物が荒れ出したらしく、
現在船は運休状態とのこと。
てか、海の上を歩くような化け物に俺たちが勝てるのだろうか。

とりあえず船を出すにはその魔物とやらを倒すしかないので、
ゼシカと一緒に海に繰り出す。するとすぐに魔物が現れた。
でっかいクラゲみたいなやつ。オセアーノンというらしい。

死にそうになりながらなんとか倒し、いったんポルトリンクへ。
魔物を倒したお礼にタダで南の大陸まで連れて行ってくれるとの事。
準備をして船に乗り込むと、ゼシカが仲間になった。

船長室に行くとトロデ王がいて、「錬金釜」というのの修理が終わったとの事。
今まで夜な夜なカンカンやってたのはこれだったのか。
アイテムを2つ釜に入れれば、別のお得なアイテムに変身するらしい。楽しそう。

そうこうしてるうちに南の船着場に到着。
これからはゼシカを入れて3人でドルマゲスを追う。
[PR]
by iga_jun | 2004-11-28 23:58 | ザ・ゲーム

ドラクエ8戦記(6)

塔の入り口は村人にしかあけられない、秘密があるという。
村に到着したときにケンカを売ってきた子供を連れて塔に着いた。

確かに、入り口の扉は俺が開けようとしてもびくともしない。
子供があけようとすると・・・
どうやら上へ持ち上げる扉だったらしい。ムカツク。

出掛けに買ったブーメランの威力は抜群で、
バタバタとモンスターが倒れていく様に快感すら覚える。
こりゃ当分手放せないな。

そうこうしている間にリーザス像の間に到着。
そこへゼシカ登場。やはり盗賊団と間違えられる俺たち。

ゼシカがこちらに向かって炎を放った時、リーザス像が語り始めた。
その声はサーベルト。ゼシカに向かって語りかける。
サーベルトを殺したのは道化師ドルマゲスだった。

すべてを語り終え、天に昇るサーベルト。
泣きじゃくるゼシカを一人にして、俺たちは村へ戻った。

次の日。
兄の敵を追って一人、ドルマゲスを追うためにゼシカは村を後にする。
俺たちは彼女の後を追い、港町ポルトリンクへ向かう。
[PR]
by iga_jun | 2004-11-27 23:08 | ザ・ゲーム

ドラクエ8戦記(5)

トラペッタを出た俺たちは、道化師が町の南東にある関所を越えたとの
情報を元に、ドルマゲスの後を追う事にした。

途中、大きな滝の洞窟の手前、西側の森にウロウロしているスライムナイトを発見。
近づくといきなり戦闘になった。愛の戦士ピエール。
やっつけるとモンスター銅貨を落とした。
本作ではこういう、ウロウロしてるモンスターが何ヶ所かで出てくる。
普通のモンスターよりちょっと強くて、みんなモンスター銅貨ってやつを持ってるみたいだ。

関所はなんだかものすごい力により破壊されていた。
間違いない。ヤツだ。
関所を過ぎ、右手の方角に宝箱。スライムピアス。
そのまま東へ向かい、リーザス村に到着した。

村に入るといきなり子供に喧嘩をふっかけられた。
俺たちの事を盗賊団かなにかと勘違いしているようだ。
きっとヤンガスの風体がそうさせたんだろう。

村は沈んだ空気の中にいた。
村を守っていた金持ちの家の若者サーベルトが、
東の塔で何者かに殺されたらしい。
サーベルトの家に行くと、妹のゼシカが兄の敵を討つために
一人で塔に向かった事を知る。

村の武器屋でブーメランを買い、東の塔に向かった。
[PR]
by iga_jun | 2004-11-27 16:40 | ザ・ゲーム

ドラクエ8戦記(4)

意気揚々とユリマの元に水晶玉を持ち帰った一行。
そこへ怒り心頭のルイネロが現れた。
余計な事をするな。今度はそれを粉々に砕いてやる、と。
苦労して取ってきてやったのにそりゃねぇだろ~。このハバネロ野郎。

だが、この頑なまでのハバネロの態度には理由があった。
ユリマは自分の本当の娘ではない。

ハバネロがその昔、この世に見つけられないものは何もないという
バリバリの占い師だった頃、とある悪党からの依頼で、
そいつらから逃げまわっていたユリマの両親を探し当てた。
ユリマの両親はその悪党どもに殺され、孤児となったユリマをハバネロが引き取った。
そして、悪党に加担した事への後悔とユリマへの懺悔心から、
水晶玉を滝つぼに投げ捨ててしまったのだった。

そこへユリマ登場。
ユリマは自分がハバネロの実の娘ではない事に気がついていた。
だが、実の父親以上にハバネロの事を思い慕っていた。
そして占い師としてやり直す機会を作ってやりたかった・・・

娘の強い愛情に心を打たれたハバネロは、
再びバリバリの占い師に戻る事を決意するのだった。

これにて一件落着。
俺たちはドルマゲスを追って次の町を目指す事にした。
[PR]
by iga_jun | 2004-11-27 15:10 | ザ・ゲーム

ドラクエ8戦記(3)

町の外でたむろしていると、若い女性が近寄ってきた。
あの飲んだくれ占い師の娘ユリマだった。
お願い事があるらしい。

夜、町の住民が寝静まった頃、俺とヤンガスはルイネロの家を訪ねた。
ユリマ曰く、ルイネロの占いが当たらなくなったのは水晶玉に原因がある。
町の南にある、大きな滝の洞窟に水晶玉があるから、取ってきて欲しい。
自分が小さい頃から父親は飲んでばかりで、
占い師としてバリバリ活躍していた頃の事を知らない。
父親がマジメに占いをしている姿を見たいとの事。

こうして初めての冒険が始まった。

今回から3DになったからFFやってるような感覚。
歩いていて木があったとすると、その木の向こう側はまわりこんで
みないと見えないし、町から洞窟への距離が長いように感じる。
人が通るための街道があるんだけど、歩くのが楽しくて
ついつい草むらや林の中をウロウロ。そうこうしているうちにレベルも適度に上昇。

大きな滝の洞窟。
メラゴーストに苦戦しながらも奥の方へ進むと、滝つぼに水晶玉が
ぽっかり浮かんでいる。
おお、これか・・と思い手を伸ばしたその時、滝の中から“滝の王”ザバン。
「この水晶玉はおまえのか?」
との問いにはい、と答えると、なぜか戦闘に。ボス戦。
ザバンの呪い攻撃になぜかびくともしない俺様。
まぁ最初だし、適当に叩いてたら勝った。
どうやらこの水晶玉は、昔ルイネロが投げ捨てたもので、
それが頭に直撃し怒っていたみたいだ。

ここでトロデーン城にイバラの呪いがかけられた時の回想シーン。
皆が姿をかえられたのに、俺だけは無事だった。
理由はわからないが、どうやら俺はただの城の兵士じゃなさそう。

とりあえず水晶玉ゲット。町に戻ろう。
[PR]
by iga_jun | 2004-11-27 14:50 | ザ・ゲーム

ドラクエ8戦記(2)

草原らしき場所で休憩中の主人公こと俺。
他にはヤンガスとトロデがいる。
そこにスライムが現れて最初の戦闘。
う~ん、思ったよりアニメーションしてる。
FFに慣れちゃったから、誰もしゃべらないのが逆に不自然に感じる。

スライムをやっつけてしばらくすると町にたどり着いた。
トロデが馬車を引いてる馬のことを「ミーティア」って呼んでる。
娘だそうな。するってーと、トロデが王でミーティアが姫かな。

トラペッタの町にはマスター・ライラスという人を探しにきたとのこと。
ドルマゲスの魔法の師匠らしい。
マスターって名前? それとも称号? 酒場のマスター? ジェダイ?(謎
よくわからんが、トロデを町の入り口に残して聞き込み開始。

町の人に話を聞くと、最近道化師がこの町にふらっと現れたらしい。
道化師・・・っていうとドルマゲスか?
酒場に入ってさらに情報収集。
そこで、ジェダイ・ライラスは昨日火事で焼け死んだという情報ゲット。
しかも事故ではなく、火をつけたのは道化師らしいとのウワサも。

酒場の奥に行くと、ひとりで飲んだくれてる男がいた。名はルイネロ。
なにやら辛そうな名前だが、町の人の話では昔は優秀な占い師だったらしい。
ところが今ではさっぱり占いが当たらなくなり、
毎日酒に溺れて過ごしてるとのこと。
と、そこに男が飛び込んできた。
モンスターが町の中に入ってきたとのこと。ざわめく店内。

俺とヤンガスは酒場を出て、モンスターが入ってきたという
場所に向かったが、町の人々に囲まれてたのはなんとトロデ王。
確かに見た目化け物以外のなにものでもないよな~。

というわけで、モンスターの仲間ってことで町を追い出される俺達。
まったく、先が思いやられるぜ。
[PR]
by iga_jun | 2004-11-27 11:20 | ザ・ゲーム

ドラクエ8戦記(1)

= プロローグ =

いにしえの昔から、邪悪な力を持つと語り継がれてきた伝説の杖。

その杖を封印していた城に、ドルマゲスという道化師が現れ、
杖の封印を解き放ってしまいます。

目覚めた邪悪な力の呪いによって、城の時は止まり、
国王や姫も姿を変えられてしまいました。

ただひとり呪いから逃れたあなたは、
城や国王たちを救うための冒険に旅立つのです。

************************************

今回は攻略サイト等は見ないでのんびりプレイするつもり。
思ったことをつらつらと綴っていきます。

ネタばれが多数含まれると思うので、
まだプレイしてない人や攻略中の人は気をつけてね。
[PR]
by iga_jun | 2004-11-27 10:32 | ザ・ゲーム

DQ8発売!

休みなのに8時に起きて新宿でゲット。
しっかし暇だなぁ俺も。
[PR]
by iga_jun | 2004-11-27 09:06 | ザ・ゲーム