BLOWIN' IN THE WIND


by iga_jun
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:元気ですかぁーっ!( 38 )

中学に入ってからは、その頃始めたトランペットの練習に没頭する日々が続き、相変わらずプロレスから遠ざかっていた。

また、ある日我が家の夕食の席で父親が言い放った「プロレスなんておまえ、あんなもん八百長だよ」という言葉が、純朴な思春期の少年の心に重くのしかかり、素直にプロレスを楽しめなくなっていた。

そんなある日、仲の良かった同級生のFがプロレス好きであることを知る。

彼は筋金入りのプロレスファンで、タイガーマスクや猪木について、俺とは比べものにならないくらい詳しかった。

また彼は新日本プロレスだけじゃなく、ライバル団体の全日本プロレスや海外のプロレス団体にも精通しており、当時新日本プロレスしか知らなかった自分が井の中の蛙である事を思い知らされた。

さらに彼は「プロレスは八百長だ」という、せちがらい世間の風評に対する自分なりの回答を持っていた。

とにかく、それがきっかけで、俺は再びプロレスを見るようになったのだ。
[PR]
by iga_jun | 2008-01-15 23:33 | 元気ですかぁーっ!
さて、そんなタイガーがある日突然画面から消えた。

後になってから、新日本を突然辞めて第一次UWFに参戦したという事を知ったんだけれど、小学生の俺にはそんな事情はわからなった。なんとも言えない寂しさを感じた。

その後タイガーマスクは二代目、三代目、四代目と続いた。また初代の佐山タイガーも、その後プロレスに復帰したが、真剣に惚れ込んで見たのは新日黄金期だった、当時の初代タイガーだけだった。

新日本プロレスには、当時、坂口や藤波、長州率いる維新軍、アンドレ、ホーガンなどの外人レスラーがいて、それはそれで面白かったが、他のレスラーに対して、猪木やタイガーのように惚れ込む事はなかった。

そして、それまでのようにプロレスを熱心に見なくなった。

そんなこんなで中学生活を迎える事になる。
[PR]
by iga_jun | 2008-01-10 21:50 | 元気ですかぁーっ!
タイガー目的で毎週新日本プロレスをみていた俺にとって、もう1人気になるレスラーがいた。

そう、燃える闘魂・アントニオ猪木である。

あの特徴的なアゴもさる事ながら、試合中の目に宿る迫力が最高にカッコ良かった。

当時のプロレスは、基本的にはハンセンやブロディやホーガンなどの外人レスラーと日本人レスラーとの試合がメインだったと思う。

猪木が初代IWGPチャンピオンを決める試合で、ホーガンにアックスボンバーでKOされたシーンは、今でも記憶に残っている。

でもそれ以外で、当時の猪木がシングルで負けた記憶はほとんどない。

タイガーや鶴田もそうだけど、あの頃、主役級レスラーってほとんど負けなかったよね。

どうして今のレスラーは、後輩にすら負けるようになっちゃったんだろうか。

それはきっと、あまりにも長く猪木がトップを張り続けたせいなのかも知れない。(どういう意味なのかはまた改めて書こう)

とにかく小学生の頃俺は、タイガーと猪木でプロレスを学んだのだ。
[PR]
by iga_jun | 2008-01-09 22:58 | 元気ですかぁーっ!
彼との出会いは、たしか小学2年ぐらいだったと思う。

当時、俺にとっての絶対的なヒーローは、ウルトラマンでも仮面ライダーでもなく、アニメのタイガーマスクだった。

孤児院の子供達が慕う、ちょっと頼りない主人公、伊達直人。
みんなのヒーローであるタイガーマスクの正体が伊達直人である事を、子供達は知らない。

ヒールレスラーを四次元殺法で倒していく姿を食い入るように毎回見ていた記憶がある。

それから数年。

毎週金曜日にゴールデンタイムで放送していた新日本プロレスを偶然見たら、なんと実物のタイガーがリングに上がって試合をしていた!

しかも、アニメのタイガーマスクのように、飛び技をふんだんに使い、観客を魅了する試合運び。決して誰にも負けない。

それから俺はほとんど毎週、新日本プロレスを見るようになった。

そしてそれが20年近くに渡る、俺のプロレス人生の始まりだった。
[PR]
by iga_jun | 2008-01-08 23:59 | 元気ですかぁーっ!

世界最強は誰だ!?

ミルコが“寝坊”で会見をキャンセル

ヒョードルVSミルコ!
そしてミドル級トーナメント決勝!
どっちも現時点での"最強"を決める戦い!
日付的にはいよいよ明日となりました。

まず、ヒョードルVSミルコ!
これは順当に考えればヒョードルだろうけど、ここはミルコに期待したい。
ミルコが今まで勝って脚光を浴びた試合はそのほとんどが日本人相手。
ガイジン同士の最強対決を制するミルコも見てみたい!
別にミルコのファンでもなんでもないけどね。

次、ミドル級!
まず間違いなくシウバでしょう。
心・技・体どれをとっても他の選手より2歩も3歩もリードしていると思う。
あのバランスの取れた肉体、そしてファイトスタイル。寝ても良し、立っても良し。
正直、シウバが無様にKOされるシーンこそ見てみたいが、
残念ながら今回は無理でしょう。

とにかく今後の格闘技界を占う、2005年最大の祭典。
女房を質に入れてでも見るべし!(古いなぁ)
[PR]
by iga_jun | 2005-08-27 00:27 | 元気ですかぁーっ!

爆殺シューター

俺は橋本真也の全盛期が大好きだった。
個人的ベストバウトは95年のIWGP10回目の防衛戦、VS武藤敬司。
同年2月、武藤がムタの幻影に苦しみ、素顔の武藤で結果を残せない歯がゆさから欠場。
山篭りを経て天山戦で敗戦復帰。そして復帰早々のタイトルマッチを受けて立ったのが橋本戦だった。
この試合で橋本は負けたけど、プロレスの凄さや楽しさが凝縮された一戦だった。

今日、会社から帰宅すると真っ先にそのビデオを観た。
10年前の試合とは思えないほど生々しく、壮絶な戦いだった。
橋本のV9時代の防衛相手は、長州、蝶野、馳、健介、ノートンといった面子で、俺としては永田のV10なんかよりずっと価値のある防衛ロードだったと思う。

とにかくプロレスの面白さをこれでもかってくらい教えてくれた橋本。
晩年は肩の故障と戦い、プロレスから離れていった橋本。
今度はあの世で馬場や鶴田と思う存分戦って欲しい。

プロレスラー橋本真也さん急死
古舘キャスター「橋本さんは殉職」
古巣新日のサイモン社長が追悼コメント
DSE榊原社長「遺志引き継いで」
小川は涙で「彼に会うまで信じない」
坂口相談役目赤く「オレより先に…」
大仁田「なんで今なんだ…」
蝶野「本人がエンジョイした人生だった」
橋本急逝に、馳衆院議員「信じられない」
橋本氏の訃報に高山絶句「一騎打ちしたかった」

「橋本真也追悼オールスター開催を」盟友・蝶野が呼び掛け
付け人に名前…川田「寂しい」
武藤、目に涙「バカ野郎」
小川賛同、10月東京ドームか
橋本は生きる、決行!三銃士&OH砲興行
大谷悲痛の別れ、橋本さん絶縁から8カ月
笑い届ける…小川 鎮魂ハッスル
高山 ブン殴ってやりたかった
中村氏「いい兄貴だった」
中西号泣「オレも全身全霊込めて戦う」

小川絶叫、橋本さん追悼テンカウント
橋本真也さん追悼のゴング

さらば破壊王…橋本真也さん追悼特集
[PR]
by iga_jun | 2005-07-11 23:57 | 元気ですかぁーっ!

北朝鮮戦

やっぱ大黒いいな~
点取ったる!って気持ちが伝わってくるよね。
ヤナギもずっと今日みたいな感じでいってくれれば。
まぁ今日は格下相手だったけど、今のチームが世界でどこまで通用するのかみてみたい。コンフェデが楽しみ♪
[PR]
by iga_jun | 2005-06-08 23:56 | 元気ですかぁーっ!

バーレーン戦

いやいや、キリンカップの2連敗でどーなる事かと思ったけど、なかなかやるじゃん! 唯一の得点が小笠原って所に、ジーコの勘の良さというか、強運さを感じるなぁ。
けど後半のあの両チームのグダグダ感はなんなんだー!? あの時間帯にフレッシュなヤツ入れれば、あと2点ぐらい取れてたんじゃ・・・!?

んで今日のダメダメ君はサントスやね。無理矢理突破を試みて、何回潰されりゃ気がすむんだ? あとあのシミュレーションも。コケんのヘタすぎ! ま、次出れないのは朗報だが。
[PR]
by iga_jun | 2005-06-03 23:59 | 元気ですかぁーっ!
【PRIDE】吉田連敗!シウバに1-2判定
【PRIDE】桜庭がパンチ10連弾!尹を38秒殺
逃げ切りシウバ「次は桜庭」/PRIDE

今回かなり善戦した吉田だったけど、化け物シウバに判定負け。
シウバはバランス取れてるよな~。寝てもいい。立ってもいい。
逆に吉田は柔道着着てきめられなかったのは痛い。
ローに弱いっていうのも露呈したし。
グラウンドはだいたい互角に見えたからあとは打撃対策やね。
次回は勝ってもらいたい。

桜庭の試合は、あれ?っていう間に終了。
ちょっとレフェリーが止めるの早かったんじゃないかと思う。
次回はシウバと当たるのかな。はっきし言って全然勝てる気がしね~な~。
シウバを倒すのは中村かも知れないな。
[PR]
by iga_jun | 2005-04-24 21:38 | 元気ですかぁーっ!

日本辛勝・・・

日本、バーレーン下し勝ち点3 W杯アジア最終予選

やはりバーレーンの守りは堅かった。
それ以上に審判の判定も堅かった。

ホームでオウンゴールのみってのは寂しいよなぁ。
テレ朝の字幕は「日本快勝!!」となってるけど、どこが快勝だよ!
どう考えても勝たせてもらったって感じだろう。

中田が地味にいい仕事してたけど
あの位置で彼を使うのはやはり勿体無い気がする。
彼の実力が本当に発揮できるのは攻撃参加時なのに
福西とのバランスを考えるといつも出て行くわけにはいかないし。

やっぱ今日みたいに小野がいない時は
ボランチには稲本か遠藤を入れて、
中田を右サイドで使うってのはどうだろう?
加地はどうも信用できなくてねぇ。

次戦はアウェーでバーレーン戦。
好材料は相手の主力選手が累積警告で出場できないってことだけ。
そして日本は相変わらずの決定力不足。
もう久保に戻ってきてもらうしかないでしょっ!
[PR]
by iga_jun | 2005-03-30 21:36 | 元気ですかぁーっ!